Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

夜桜銀次事件



夜桜銀次事件は、1962年(昭和37年)1月16日、別府抗争や明友会事件で活躍した三代目山口組石井組組員・平尾国人(通称:夜桜銀次)が、福岡県福岡市内のアパートで、久留米市の鳥巣組組員・小川靖敏と同組組員・平元新治に射殺された事件。山口組は、福岡市の宮本組の犯行と誤認し、250人の組員を福岡市に派遣した。

なぜ夜桜銀次とよばれていたか?
それは全身に夜桜の咲き乱れる刺青をしていたことからこの呼び名を持った。

事件の経緯

夜桜銀次の登場・射殺
1961年10月、夜桜銀次こと平尾国人が博多に現れる。平尾は三代目山口組石井組の組員だったが、明友会事件で大阪府警から傷害および銃刀法違反の容疑で指名手配されていた。平尾は福岡県福岡市東中洲の山口組伊豆組・伊豆健児組長の預かりとなり、伊豆が用意した福岡市下祇園町の「博多アパート」302号室に住んだ。暫くして平尾は、以前からの知り合いだった福岡県嘉穂郡二瀬町の炭鉱経営者・松岡福利から700万円を受け取る。松岡は、平尾が神戸市に潜伏していた頃に口を利いて貰って、金融業者から7000万円を融通して貰っていた。700万円はその時の斡旋料だったが、これ以降平尾は松岡から金をせびり取るようになった。

同年10月20日に平尾は、博多の住吉一家(総長は住吉鹿之助)幹部・鷹木末雄が子分の宮本組・宮本勝組長宅で開いていた賭場に出現。宮本を殴打し、2丁のコルト回転式38口径で威嚇射撃をしながら、賭場から去った。宮本は八幡市の鷹木宅を訪れて以後の対応を相談したが、平尾が山口組の鉄砲玉だと鷹木は判断し宮本に報復しないよう命じている。鷹木の命令は翌21日朝に宮本組組員に伝えられるものの、このこと知った伊豆は、平尾に福岡市から逃げるように忠告した。しかし、平尾は伊豆の忠告を無視している。

1962年1月1日に平尾は松岡の許を訪れて100万円を要求、その場で松岡は50万円を払い残金は後日届けると約束する。だが松岡は、久留米市の鳥巣組・鳥巣信三組長とその弟・鳥巣良三に平尾の殺害を依頼。松岡は鳥巣兄弟に50万円払い、鳥巣兄弟は5万円で組員の小川靖敏と平元新治に平尾の殺害を命令。小川と平元は16日に平尾の住んでいたアパートを襲撃し、4発の銃弾を撃ち込んで射殺した。平尾の射殺を知った伊豆は、山口組・田岡一雄組長と別府の石井一郎に報告し、石井は石井組組員を10人連れて直ぐに福岡市の伊豆組事務所に入った。一方、田岡は、若頭の地道行雄、若衆の山本健一と山本広を呼んで対策を協議し、取り敢えずは事実関係を確かめるために山本広が福岡市へ赴く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする