Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

山口組真っ二つ!! 山一抗争



山一抗争は、1984年(昭和59年)8月から1989年(平成元年)3月にかけて山口組と一和会の間に起こった暴力団抗争事件。317件の大小抗争が発生し、一和会側に死者19人、負傷者49人、山口組側に死者10人負傷者17人、警察官・市民に負傷者4人を出した。抗争の直接の逮捕者は560人に及んだ。史上最悪の暴力団抗争ともいわれることもある。

背景

1984年6月5日午後3時、山口組直系組長会で山口組若頭の竹中正久は、四代目組長就任の挨拶をした。だが、この席上には山口組組長代行山本広を支持する直系組長は出席せず、山本ら約20人は大阪市東区の松美会事務所で在阪のマスコミ各社を呼んで記者会見を開き、竹中の四代目組長就任に反対した。反竹中派の山口組直系組長は翌日にも山菱の代紋を組事務所から外し、ここに分裂は決定的となる。6月8日には兵庫県警察と姫路警察署が、竹中組事務所への家宅捜索を行なっている。容疑は、1982年7月の竹中組と小西一家との喧嘩の際に使用された拳銃が竹中組事務所に隠されていることと、同年8月に竹中組組員がサイコロ賭博に加わった、というものだった。

6月13日に反竹中派(=山本支持派)は「一和会」を結成。会長は山本が務めた。副会長兼理事長には加茂田が就任した。だが、この時既に小田秀臣(発足時のポストは副会長)や福井組組長福井英夫、弘田組組長弘田武が一和会への参加を取り止めてヤクザから引退するなど、早くも脱落が目立ってくる。

一方、竹中は、6月21日に田岡邸大広間で舎弟23人、若中46人と固めの盃を執り行なった。23日には執行部の陣容を整え、山口組若頭に中山勝正(豪友会会長)、舎弟頭に中西一男(中西組組長)、筆頭若頭補佐兼本部長に岸本才三(岸本組組長)を据えた。若頭補佐には渡辺芳則(山健組二代目組長)、宅見勝(宅見組組長)、嘉陽宗輝(嘉陽組組長)、桂木正夫(一心会会長)、木村茂夫(角定一家総長)を起用している。

山口組襲名式は、7月10日に徳島県鳴門市の「観光ホテル鳴門」で執り行なわれた。

山一抗争

1984年8月5日、和歌山県東牟婁郡串本町の賭場で、山口組系岸根組組長岸根敏春が一和会坂井組串本支部若頭補佐潮崎進を刺殺。この事件をきっかけに、抗争が勃発する。8月23日に竹中は「義絶状」を友誼団体に送り、実質的に一和会への絶縁を表明する。この義絶状に一和会は危機感を持ち、10月にも義絶状に対する反論文を一部団体に送付している。それでも年末には山口組構成員数が14,000人、一和会構成員数は2,800人になるなど、弱体化は明らかになった。

竹中組長殺害事件

その一方で7月下旬、一和会二代目山広組若頭後藤栄治は、山広組舎弟長野修一とともに山口組に対する行動隊を結成、長野を行動隊長に据え9月中旬には山広組から19人の隊員を選抜し行動隊の結成式を行なった。

10月には一和会常任理事石川裕雄は、大阪府吹田市のマンション「GSハイム第二江坂」に竹中の愛人が住んでいることをつかんだ。12月初旬に石川は同マンションの204号室を知人名義で借りて潜入、無線機を置いて一和会の「GSハイム江坂」の見張り要員と交信できる様にした。長野も12月21日に大阪市西区の「GSハイム西長堀」の302号室を借り、武器の隠し場所にした。

1985年1月12日、石川の報告を受けた後藤は、長野を伊勢自動車道の津インターチェンジに呼び、共に吹田市の「GSハイム第二江坂」に向かった。車中、後藤は、25口径ベレッタと25口径タイタンと32口径リボルバーを長野に渡した。その後、後藤は長野と石川を引き合わせ、石川は長野に無線機の使い方を教えている。1月17日に長野は、三重県の山中で二代目山広組組員田辺豊記、山広組広盛会舎弟頭立花和夫、山広組組員長尾直美とともに、拳銃の試し撃ちを行なった。翌18日には石川から38口径リボルバーを1丁受け取り、23日にも後藤から32口径改造拳銃1丁を受け取った。

一和会側の作戦が着々と進行している中、1月9日には竹中に1980年3月上旬と中旬に竹中組で開かれた賭博の罪で懲役5ヶ月の最高裁判所の確定判決。1月16日に竹中は、中山ら山口組最高幹部を連れて、伊丹空港から8時45分発日本航空911便に乗り沖縄県入り。那覇空港では翁長良宏会長を始め、旭琉会の15の一家の総長と幹部クラスの合計約60人から出迎えられ、沖縄観光がてら接待を受けた。沖縄から戻ると、26日昼には兵庫県神戸市灘区篠原本町で挙行された山口組本部上棟式に幹部全員を伴い出席。

26日21時15分過ぎに、中山と山口組南組・南力組長とともに「GSハイム第二江坂」に着くが、1階エレベーター前で田辺・長尾・立花に銃撃された。南は即死、竹中は銃弾3発を受けたものの、自力で愛車のメルセデス・ベンツに乗り込み、運転手の南組組員に大阪市南区の南組事務所に向かわせた。竹中らの乗った車は21時30分に事務所へ到着し、そこから(南組組員が自動車電話で手配した)救急車に乗せられて大阪警察病院に搬送されたが、27日23時25分に死亡。中山は「GSハイム第二江坂」から救急車で病院に搬送されたものの、27日1時7分に死亡している。

竹中の仮通夜は、27日夜に兵庫県神戸市灘区の旧田岡邸で行なわれ、1月31日に竹中家としての密葬が行なわれた。