Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オウムに拉致られた人の体験



もうこれだけ時が経ったから話しても良いかな……

地下鉄サリン事件の時、そのことを知らなかった。

その日、私はオウムに拉致監禁されて第7サティアン横の独房に入れられていた。

初めに断っておくが私は信者ではない。

信者でもないのに拉致監禁された私は、当然いたぶられた。

他の人が見せしめに逆さ釣りにされて竹刀で叩かれながら死んで行く姿を見せられたりもした。

私もいたぶられて仮死状態になり、死体部屋に入れられたこともあった。

死体部屋で息を吹き返した後、狭い独房に入れられた。

「ポア=惨殺」ということも知らなかった。

周りが1人、また1人、「ポアの儀式」に呼び出されて、二度と帰って来なかった。

「ポア=破門」と聞かされてたから、=監禁から解放されて家に帰れるものとばかり思っていた。

地下鉄サリン事件の日、私に「ポア」の儀式の順番が回って来た。

今となってはぞっとするが、その時は解放されるとばかり思っているので嬉しかったことを覚えている。

独房のドアの向こうから、
「今からポアの儀式だから! 10分で私物まとめといて、すぐ出られるようにして!」

と言われて起きて、ソッコー荷物をまとめたんだけど、顔は寝腫れしてるし、髪の毛はまとまってない。

私は「10分じゃ無理! なんで急に言ってくんだよ!」
と怒鳴り返したら、

「じゃあいい。あなたはまた今度。はい、じゃあ○○さん、10分で荷物まとめて!」
と、次回に回されてしまった。

代わりに隣の独房の男の子が呼ばれて、出てった。

その2日後、強制捜査が入って、私達のような信者でない被害者達が救出された。

信者はシャバに出るのを怖がり自ら居残った。

あの時、素直に10分で支度して従ってたら私は。。。

救出の日、第7サティアンで拾った腕時計を今も持ってる。
枠や表面のガラスは傷だらけだが。

今はまだ、PTSDを克服出来ずに、遠くに富士山を見るだけで頭痛と目眩、動悸、吐き気で瀕死になる。

いつか、PTSDから解放されたら、あの日拾った腕時計を供養したい。
カウンセラーは、忘れなさいと言うけれど、忘れることなんて出来ない。

ありえない

ありえない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする