Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

市川一家4人殺人事件

1992年、千葉県にて。

19歳の少年が強姦した女の家に忍び込み彼女の目の前で一家4人を惨殺するという凄惨な事件が起きた。

未成年ながら死刑判決を受けた、極めて残虐な事件である。

凶悪な犯人

犯人の関光彦(せき てるひこ)19歳。178センチ80キロ(事件当時)

関は平凡な家庭で生まれ育った。しかし、小3の時に両親が離婚し生活が極貧になってしまった。

ギャンブル好きな父親の借金が億を超えてしまったのだ。関は風呂にも入れず「臭い」「汚い」といじめられるようになる。

中学に入った頃、祖父が助け舟を出し生活はある程度安定した。祖父は孫をとても可愛がっていたのだ。関自身も祖父に非常に懐いていた。

関は野球部に入り部活と勉強を頑張っていた。しかし、いじめが彼の性格を歪ませたのか学校では「いい子」を演じ、家に帰ると母親や弟に暴力を振るうようになった。

高校に入ると窃盗、禁煙、暴行の非行が絶えず高2で退学になってしまった。

その後、バイトを転々とするがどれも長く続かず祖父の鰻屋を手伝うようになる。

だが、関は「仕事がおもしろくねぇ」と店の金120万を盗み遊びに耽る。

さすがに祖父は激怒したが、関は逆切れし祖父の顔を蹴り上げ眼球破裂によって左目を失明させた。

暴れん坊の関に家族は手がつけられず一人暮らしをさせる。関の暴れ癖は止まらず拍車が掛かる。運転中クラクションを鳴らされたら車から降り相手を引きずりだして殴る。運転マナーが悪いやつも車から引きずりだして殴る。やりたい放題であった。

「俺が悪いわけじゃない。マナーを守らない相手が悪いんだ」

この頃から関はフィリピンパブにはまる。(画像はイメージです。事件とは全く関係ありません)

フィリピン

パブのフィリピン女性と恋に落ちた関は彼女と結婚をする。妊娠した彼女は出産を控え帰国してしまった。関は魔が差したのか、彼女と同じ店で働く女性二人を口説き家に連れ帰り二日間監禁強姦した。

彼女たちは店に逃げ帰り経営者に泣きながら報告した。

経営者は「舐めやがって!目にモノ見せてくれる!」と激怒しヤクザに関を痛めつけるよう要求した。

突然、関のアパートにヤクザ二人が押し入り関はリンチされた。

「てめぇ、こんなんで済むと思うなよ。落とし前として200万用意しろ。逃げられると思うなよ」

ヤクザに目をつけられたらさすがの関でもどうにもできない。なんとか金を工面しようとするが実家にはヤクザが張り込んでいて頼れない。

関は思い出した。そうだ。あの女の家に行こう。

悲運な女子高校生

遅くまで勉強していた少女A(15歳)はシャープペンの芯が切れてしまった。時刻は午後10時ごろ。

「お母さん、ちょっとコンビニでシャープの芯買ってくるね」

「気をつけてね」

彼女は自転車にまたがりコンビニへと急いだ。不意に背後から近づく車がある。避けようとしたところ車と自転車が接触してしまった。

彼女は道路に倒れこむ。

「大丈夫ですか!」「すみません、僕の不注意です!」「家まで送ります!怪我をしてるかもしれない。急いで車に乗ってください!」

彼女はそのまま男の家に連れてかれ強姦されてしまった。関は彼女の生徒手帳を奪いこう言った。

「てめぇ誰にもいうんじゃねぇぞ。てめぇの住所と名前覚えたからな。誰かに言ったらぶっ殺してやる」

関は強姦するためわざと女子高校生を車で轢いたのだった。

ヤクザに脅された関は決意する。あの女を脅して金を奪い取ろう、と。

惨劇は突然に

平成4年3月5日午後5時ごろ

関は彼女の家に押し入った。家にいたのは少女の祖母(83歳)。

「通帳を出せ」関は脅したが祖母は拒否。電気コードで首を絞め絞殺。祖母死亡。

午後7時ごろ、少女と母親(36歳)が帰宅する。

包丁を持った関は母親の首を掴み「黙ってうつぶせになれ」と命令した。母親はそれに従う。「通帳はどこだ?」「助けてください!!」関は無言で母親の背中を包丁で滅多刺しにした。

部屋中、血で真っ赤に汚れ少女は恐怖で放心していた。「掃除しろ!!」関に命令され少女は床の掃除をした。自分の母親の血と失禁した尿を雑巾で拭いた。

間もなく少女の妹(4歳)が保母さんに連れられて帰ってきた。

「あっちでTVでも見てなさい」妹を別室に移し、食事をAに作らせ3人で食事した。

腹いっぱいになった関は少女Aを強姦した。強姦の最中、父親が帰宅した。

関は問答無用で父親の左肩で包丁を刺した。

「ぐあぁっぁ!!」

「通帳はどこだ!金を出せ!!」

父親は通帳と現金を関に渡した。額は360万ほどであったが関は欲が出た。「もっとあるだろう!!出せ!」「会社にある…」「今から会社に取りに行くぞ!」関は少女を連れて父親の会社に向かった。

通帳とはんこを要求する少女に会社の人間たちは皆不審がる。「父がヤクザに脅されているんです」と説明し、なんとか通帳とはんこを手に入れる。

帰りにラブホテルに寄り三度強姦した。

関は少女より先に帰り、少女が家に着いたら父親は殺されていた。「…あ…、お、お父さん…」

「ふぎゃああああああ」妹が泣き叫んでいる。「チッ!うっせーな!」関は妹の背中に包丁を突き立てた。包丁は背中から妹の胸まで突き抜けた。「いたいっ!!!いたい!いたい!!おねぇちゃーーーん!!!」妹は泣き叫びながら死んだ。

目の前で妹を殺された少女Aはなにかが吹っ切れた。関に初めて反抗した。「なんだ、てめー!てめーも殺されてーのかよ!!」少女Aは何度も切りつけられた。

「もう駄目だ…殺される」

少女Aが観念した瞬間警察が入ってきた。少女Aの態度を不審に思った会社の人たちが警察に連絡したのだった。

関は咄嗟に包丁を少女Aに持たせ警察にこう言った。

「女友達の家に遊びに行ったら彼女が包丁を持って僕を殺そうとしたんです」

死刑求刑

関は裁判が始まる前にこう語っている。「あぁ、ついに俺も少年院デビューか…。まぁ未成年だしすぐ出れるだろうな。」

しかし、世間は甘くなかった。関は未成年ながらあまりの残虐性によって死刑判決を受けたのだ。

すぐに控訴したが、それでも死刑。関は事件の12時間前にも女性を暴行強姦していた。

24歳のOLの顔面を何度もパンチし鼻を骨折させ強姦していた。関の残虐、狡猾、卑劣さによって死刑確定。

2014年現在、関の死刑は執行されていない。

目の前で家族を惨殺された少女Aは海外で結婚し幸せに暮らしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする