Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ノコギリで脳みそを取出し便所に流す? 江東マンション神隠し殺人事件



2008年4月18日夜、当時23歳の女性会社員がマンション内から忽然と消え、親族から捜索願いが出される。玄関に少量の血痕が残った状態であったことに加え、マンションに設置された監視カメラの記録に女性会社員がマンションから外出した形跡がないことから、マンション内で消失した「神隠し事件」として、マスメディア各社がトップニュースで報じた。またマンションは3分の1近くが空室であり、女性会社員宅の両隣は空室であった。

警視庁はマンション住民全員から事情聴取と任意での指紋採取、家宅捜索を行い、事件発生から約1ヶ月後の同年5月25日、女性会社員宅の2つ隣に住む当時33歳の派遣社員の男(以下、男、または容疑者の男)を住居侵入容疑で逮捕した。その後の捜査で、男は死体損壊、遺棄の疑いで再逮捕(同年6月13日)、殺人容疑で再逮捕(同年6月25日)されている。

逮捕後、男からの供述により事件の全貌が明らかとなった。

2008年4月18日夜、容疑者の男は性奴隷獲得目的で被害者女性の帰宅を待ち伏せし、帰宅直後を狙い女性宅へ侵入。女性に騒がれたため頭部を殴打し拉致、自室へ連れ帰った。

被害者女性と同居していた姉が室内の異変に気がつき警察へ被害届を提出。警察官が男の部屋を訪れ事情聴取が行われた後、男は事件発覚を恐れ被害者の首に包丁を刺し殺害した。

男は被害者の遺体を包丁2本とのこぎりでバラバラに切断、解体し、警察の家宅捜索時には冷蔵庫やベッドの下、段ボール箱などに隠した。

男は警察が任意でマンション全室に行った家宅捜索にも応じ、事件とは無関係な段ボール箱を捜査員に見せて中身を確認させた上、警察が中身を詳しく調べないだろうと考え、遺体の一部が入っていた段ボール箱をあえて自ら示し、中身確認を促すなど巧妙かつ大胆に振る舞った。結局、遺体が入った段ボール箱は見逃すこととなる。

男は被害者の遺体を包丁でバラバラに切断してトイレなどに流したり、細かく切断した遺体を出勤時にゴミ捨て場に捨てるなどして隠ぺい工作を図り、同年5月1日までに遺体の全てを処理した。

被害者女性宅に残っていた指紋を警察が調べた結果、犯人が被害者女性宅に侵入した際に指紋をわずかに残していたことが判明。事件直後には男を含むマンション住民全員から任意で指紋を採取していたが、その時は、男は何らかの薬品を使って指先の皮膚を荒らしていたため、10指とも紋様が読み取れず、照合が不可能だった。

事件から1ヶ月後に再び警察が男の指紋を採取した際には約1か月を経て皮膚は再生しており、被害者女性の部屋で発見された指紋と一致したため、男の逮捕へと至った。

男の逮捕後、警察が下水管などを調べた結果、わずかに残った遺体肉片と被害者女性のDNAが一致した。 また、男の部屋の一室や浴槽から採取された血痕と被害者女性のDNAが一致した。その他、女性が所有していた財布や免許証などの切断された一部を発見した。

容疑者の男は岡山県出身、地元県立高校の情報処理科を卒業後、ゲーム業界大手のセガに入社。 セガを退職後、派遣社員としてコンピューター会社に勤務していた。

男は生活に不便をきたす状況になく、逮捕当時、月収50万円を稼いでいたと報じられた。被害者の女性は当時23歳、東京都内の会社法人に勤務し、事件現場となったマンションには姉と同居していた。容疑者の男と被害者女性の間に面識はなく、男は女性の名前も年齢も知らなかった。 若く太っていない女性を無差別に狙った、強姦、性的暴行、婦女暴行目的の犯行であった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする