Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

津山三十人殺し 頼むけん、堪えてつかぁさい



津山30人殺し事件

加茂の三十人殺し(かものじゅうにんごろし)は、1938年(昭和13年)5月21日未明に岡山県苫田郡西加茂村大字行重(現・津山市加茂町行重)の貝尾・坂元両集落で発生した大量殺人事件。犯人の姓名を取って都井睦雄事件ともいう。
2時間足らずで30名(自殺した犯人を含めると31名)が死亡し、3名が重軽傷を負うという、犠牲者数がオウム真理教事件(27名)をも上回る日本の犯罪史上前代未聞の殺戮事件であった。

津山事件現場

出典earthjp.net

津山30人殺し事件

犯人の都井睦雄

場所:岡山県苫田郡西加茂村大字行重
日付:1938年(昭和13年)5月21日
標的:同村の村民
武器:日本刀、猟銃
死亡者:30名
負傷者:3名
犯人:都井睦雄
動機:怨恨
対処:犯人の自殺により終結

都井睦雄の顔写真

幼少期からの生活

都井睦雄(とい むつお)は1917年(大正6年)3月5日、岡山県苫田郡加茂村大字倉見に生まれた。2歳のときに父を、3歳のときに母を、ともに肺結核で亡くしたため祖母が後見人となり、その直後一家は加茂の中心部である小中原塔中へ引っ越した。さらに、睦雄が6歳のときに一家(祖母・姉・睦雄、戸主は睦雄)は祖母の生まれ故郷の貝尾集落に引っ越した。

都井家にはある程度の資産があり、畑作と併せて比較的楽に生活を送ることができた。祖母は自身の体調不良などを理由に、都井に家にいることを要求したため、都井の尋常高等小学校への就学は1年遅れ、就学後もたびたび欠席を余儀なくされたが成績は優秀だった。その後担任教師に「上の学校」への進学を勧められたが、祖母に反対されたために断念せざるを得なくなった。

都井は、尋常高等小学校を卒業直後に肋膜炎を患って医師から農作業を禁止され、無為な生活を送っていた。病状はすぐに快方に向かい、実業補習学校に入学したが、姉が結婚した頃から徐々に学業を嫌い、家に引きこもるようになっていき、同年代の人間と関わることはなかった。一方で、自身が子供向けに作り直した小説を近所の子供達に読み聞かせて、彼らの人気を博した。さらに、近隣の女性達とこの地域での風習でもあった夜這いなどの形で関係を持つようになっていった。

しかし、都井は事件の前年、1937年(昭和12年)に徴兵検査を受けた際に、結核を理由に丙種合格(実質上の不合格)とされた。その頃から、都井はこれまで関係を持った女性たちに、都井の丙種合格や結核を理由に関係を拒絶されるようになった。

動機

徴兵検査不合格と、不治の病という二重の苦しみで、失意のどん底にたたき落とされた都井は、このころから異常な性欲に走り始める。若い女性にはもちろん、人妻にさえも「やらせてえや」と、関係を迫り、時には畑で抱きついたり夜中に家に忍びこんでは無理やりやったり、自分のモノを出して迫ったりもした。

拒否すれば「殺してやる。」と相手を脅し、何人もの女性と無理やり関係を持った。都井の異常な行動はたちまち村中の評判となり、病気のこととも重なって、村では完全に孤立状態となってしまった。

その一方で都井は、自分を拒否した女性に激しい憎しみをいだくようになり、特に自分と関係を持ちながらも、別の男と結婚した「二名の女性」に、とりわけ激しい殺意を持つようになっていた。

やがていつの頃からか、都井は銃や刃物を集めるようになる。これら武器の購入資金は自分の田畑を担保に、銀行から借りた金である。来たるべき日に備えて、山の奥に入っては射撃の練習をする日々が続いた。

いったんは村人に通報されて警察の家宅捜索を受け、集めた武器を全部没収されたこともあったが、もうその翌日から都井は再び武装計画を開始し、着々と武器を集めていった。

大量殺戮(さつりく)実行の3日前、都井は遺書を残している。「早くしないと病気のために弱るばかりだ」という内容から、結核と知ってたちまち見る目を変え、自分の悪口を言って歩いた何人かの女性の名前をあげて、「復讐のために殺す」という内容などが書かれてあった。

No.110 「八つ墓村」のモデルともなった、津山33人殺傷事件

上記サイトより引用

事件概要

彼はまず、夕方に村の送電線と電話線を切断。
しかし送電技術が稚拙で、強風などでの停電が珍しくなかった当時の寒村では、誰も怪しむ者は無かった。

夜も更けた頃、彼は鉈を手に、眠りについている祖母の首を斬り落とす。
そして、詰襟の学生服を着込む。その足にはゲートル、頭には2本の懐中電灯を括り付けたハチマキを巻き、ベルトに匕首、右手には日本刀、左手に猟銃を持つと、真夜中の村へと“出陣”して行った。

まず隣家へ忍び込むと、そこに暮らす老婆とその娘を日本刀で刺殺。いずれも即死だった。

そして次は、かつて夜這い相手だった人妻の家に忍び込む。かつての夜這い経験から、音も立てずに彼女の部屋へと忍び込むと、憎しみの全てを込めて彼女の下腹部へ散弾を打ち込んだ。
音に驚いて部屋へ飛び込んできた彼女の夫も即座に射殺すると、家の奥で震えていた幼い娘へも、躊躇なく引き金を引いた。

日本刀と猟銃を手に、返り血を浴びた姿と狂気に歪んだ顔で、躊躇無く村人の命を奪う彼の姿は、まさに鬼と言えた。
その夜、村には1匹の鬼が駆け抜けたのだ。

そんな彼の襲撃の時、命が助かった者もいた。
返り血を浴びて近づいてくる彼を見て腰が抜け、逃げる事も出来ずにいた老人が助けを懇願すると、「お前はわしの悪口を言わんじゃったから、堪えてやるけんの」と見逃されたという。

そうして事件発生の深夜1時から、わずか2時間足らずで30人の村人を殺害した彼は、村はずれの家を訪ね、紙と鉛筆を所望した。
その異常な風体に恐れおののいて動けなかった家人だったが、その家の子供は睦雄の紙芝居の常連で顔見知りだった為、その子供は睦雄に紙と鉛筆を渡した。
それを受け取った睦雄は悲しげな瞳で少年に「いっぱい勉強して、偉い人になるんじゃぞ」と言い残し立ち去った。

彼は村を一望できる山の高台に上る。既に夜が明け朝日が差し込んでいた。
そこで彼は姉に宛てた遺書を書き記した後、猟銃を自分に向け、その引き金を引いた。

その遺書には、「村人の余所者へ対する差別」、「結核患者への差別」、そして夜這いなどの「村の悪しき因習」についてが滔々と語られていた。
だが彼の悲壮な心とは裏腹に、事件後もその村では、「被害に合わなかった家は事前に事件を知っていたに違いない」という根も葉もない理由で新たな迫害が起こったらしい。

津山事件 -日本犯罪史上最大の大量殺人-

上記サイトより引用

都井の犯行ルート

「津山事件報告書」より都井睦雄の遺書

愈愈死するにあたり一筆書置申します、決行するにはしたが、うつべきをうたずうたいでもよいものをうった、時のはずみで、ああ祖母にはすみませぬ、まことにすまぬ、二歳のときからの育ての祖母、祖母は殺してはいけないのだけれど、後に残る不びんを考えてついああした事をおこなった、楽に死ねる様と思ったらあまりみじめなことをした、まことにすみません、涙、涙、ただすまぬ涙がでるばかり、姉さんにもすまぬ、はなはだすみません、ゆるしてください、つまらぬ弟でした、この様なことをしたから決してはかをして下されなくてもよろしい、野にくされれば本望である、病気四年間の社会の冷胆、圧迫にはまことに泣いた、親族が少く愛と言うものの僕の身にとって少いにも泣いた、社会もすこしみよりのないもの結核患者に同情すべきだ、実際弱いのにはこりた、今度は強い強い人に生まれてこよう、実際僕も不幸な人生だった、今度は幸福に生まれてこよう。
思う様にはゆかなかった、今日決行を思いついたのは、僕と以前関係があった寺井ゆり子が貝尾に来たから、又西川良子も来たからである、しかし寺井ゆり子は逃がした、又寺井倉一と言う奴、実際あれを生かしたのは情けない、ああ言うものは此の世からほうむるべきだ、あいつは金があるからと言って未亡人でたつものばかりねらって貝尾でも彼とかんけいせぬと言うものはほとんどいない、岸田順一もえい密猟ばかり、土地でも人気が悪い、彼等の如きも此の世からほうむるべきだ。
もはや夜明けも近づいた、死にましょう。

(犯行直後の興奮状態での遺書。誤字などあるが原文のママとする)。

事件後

この事件は、前代未聞の惨劇として、ラジオや新聞などのマスコミがセンセーショナルに報道して、『少年倶楽部』までもこの事件を特集するほどだった。

この事件が貝尾集落に与えた影響は大きく、前述のように、一家全滅したところもあれば一家の大部分を失ったところもあり、集落の大部分が農業で生計を立てているため、かなり生活が苦しくなったとされている。さらに、都井の親族であり、都井から襲撃を受けることのなかった一家が、企みを前々から知っていて隠していたのではないかと疑われ、村八分に近い扱いを受けたともいわれている。

また、当時の識者の間では、警察の取締りの不備を強く批判するものが多かったが、中には、1913年(大正2年)にドイツで起こった「ワグナー事件」との類似性を指摘し、都井の自殺を惜しんで「ぜひとも医学上の研究対象にすべきだった」との声もあった。

事件後、犯人の都井が警察による取り調べを受ける前に自殺し、さらに多くの被害者が亡くなったため、生存者による証言しか残っていない。しかし、生存者のほとんどが亡くなった被害者の誰かしらと親類関係がある状態で、すべての罪を都井にかぶせるようなものが多いという意見もある。さらに、都井が死亡した以上、例えば都井と関係があったと噂される女性でも本人が否定してしまえば確認する方法はなく、事実関係が不明な部分も多く残った。また、この事件の発生から70年以上が経った現在でも、現地でこの事件に言及することはタブー視されている。

津山事件の犠牲者

津山事件の犠牲者の顔写真

事件後、犯人の都井が警察による取り調べを受ける前に自殺し、さらに多くの被害者が亡くなったため、生存者による証言しか残っていない。

津山事件 – Wikipedia

上記サイトより引用

【津山事件】当時の新聞

現在

70年後の証言

事件発生からちょうど70年後にあたる2008年(平成20年)、『週刊朝日』5月13日号にて津山事件関係者による証言記事(記者:小宮山明希)が掲載された。その記事内で匿名でのインタビューに応じた90代の老人によると、都井睦雄は村が停電になった時によく修理を頼まれていた。また、事件が発生したその日のうちに「昭和の鬼熊事件」と題した号外が出たと述べている。

なお、当時村に残っていたとされている夜這いの風習についてはこれを強く否定している。ただし、彼の配偶者であった人物も当時、都井との関係があったとされており、また都井が残した遺書にその名前が記載されており、事件を決行することにした理由のひとつとして彼女の帰郷を挙げていることから、この証言については偏りがある可能性を否めない。
この証言内容については明らかに誤った内容があり、証言も含めた記事内容は信憑性の薄いものである。

都井睦雄の姉のうどん店

「ダークサイドJAPAN」2001年10月号にあった漠然とした情報を元に、ダメもとでとある場所に行ってみたら、本当に都井睦雄のお姉さんが経営していたといううどん店がありました。お姉さんはおそらく1996~97年頃にお亡くなりになったものと思われます。その直前まで元気にこの食堂を経営していたとのことで、もう少し前に津山事件に興味を持って見に行っていれば、と悔やまれます。

都井睦雄の姉のうどん店

津山事件の貝尾の現在

津山30人殺し事件

【津山事件】津山30人殺し事件

書籍

昭和13年、津山市北郊の山村で起きた1時間30人殺しという記録的事件の全容を、新資料を含む膨大な資料を駆使して描き、謎に包まれていた真相に迫る。

実話。だからこそ本気で怖い。「たすけてくれぇぇ」って叫んだのもホントなら腸がでた、首が飛んだ、などもホントの話。何も知らずにこの本に出会いびびりながらも最後まで読み進めてしまいました。こんな本に出会ったのは初めてかも。闇の黒、性のピンク、血みどろの赤、岡山山間部の緑、、さまざまな色が交錯してなんともいえない色を醸しだしています。さらにその社会状況にも触れているので(阿部定事件、間引き、夜這いetc)余計にリアル。淡々とそれに触れその背景がわかりやすいように資料を持ち出してきた筆者はスゴイと私は思います。

津山事件に関するバイブル的地位を確立してしまった1冊。
読み物としてはよく書けているのは、他の皆さんのレビューの通り。他の関連書籍やウェブサイトでも多く引用されている。
しかし、近年の検証では、内容には著者による創作がかなり含まれていることが判明している。
著者自身、近年になって「よく調べないで書いてしまった」と認めているのである。
読み手としては、これをノンフィクションとして鵜呑みに出来ないことに注意すべきである。
もちろん、世間一般にこの事件への関心を集めたという功績は大きいところであるが、
ノンフィクションとしては残念ながら星1つである。

昭和初期、岡山県の津山地方で実際に起きた大量殺人事件のドキュメンタリー本。村の秀才青年が、村人を30人も殺しまくる。なぜ青年がこの凶行に至ったかを、元新聞記者の筆者が当時の新聞、公判記録、関係者の証言をもって迫る。「バトロワ」なんか目じゃない!真の(本当に真の)人が人を殺す理由がここにはつづられている。まさに事実は小説より奇なりだ。

八つ墓村のモデルになった津山事件

物語は、冒頭部分を作者が自述、それ以降を主人公の回想手記の形式で進行する。冒頭に登場する「村人32人殺し」は、岡山県で実際に起こった津山事件がモデル。村の名前も実在した近隣の地名、真庭郡八束村(現在の真庭市蒜山)が元。犯人が猟銃と日本刀で殺戮の限りを尽くすシーンは衝撃的かつ印象的で、センセーショナルな殺害シーンの多い横溝作品の中でも特に際立っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする