Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

熊取町連続自殺事件



1992年4月29日、大阪府熊取町で17歳の少年Aがため池に落ちて死亡したのを皮切りに、3ヵ月という短い期間のうちに7人もの若者が自殺をするという奇妙な事件が起きました。

そして、Aの死から一か月後、Aの友人である少年Bが心不全で亡くなります。また、六日後、AとBの友人である少年Cが玉ねぎ小屋で首を吊って死んでいるのが見つかりました。

遺書は残されておらず、「借金を返してくれ」というメモが発見されましたが、警察はこれを自殺と断定しました。

Cの自殺から六日後、今度はCの友人だったDが自宅の納屋で死んでいるのが見つかります。遺書は見つかりませんでしたが、警察はやはり自殺と断定します。

Dには妊娠した婚約者がおり新生活を送る家も決まったばかりでした。Dは死ぬ直前、友人や家族に「白い車に追われている。誰かに付けられている。」と話していたそうです。

その一週間後、Dの死の知らせを聞き他県から熊取町に来ていた友人のEが何故か農作業用の小屋で首を吊っているのが見つかりました。Eは手首を後ろで縛られた状態で首を吊っていました。EもDと同じように「車に追われている」と周囲で話していたそうです。

Eの死から一週間後、岸和田市の職員F(当時22歳)が栗の木で首を吊っているのが見つかりました。踏み台なしでは首を吊ることができない状況であるにも関わらずFはやはり自殺と断定されました。

さらに一週間後、大学生のG子が道路購に挟まった状態で発見されます。G子は首と胸をナイフで刺されており、死の直前まで「違う。違う。」と繰り返していたそうです。G子も友人に「車に追われている。」と話していたそうですが、この事件も警察は自殺と断定してしまいました。

これらの連続自殺事件はあまりにも不審な点が多いため、自殺ではなく殺人事件だったのではないかといわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする