Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パラコート連続毒殺事件



パラコート連続毒殺事件とは、1985年4月30日から11月17日の間に日本各地で発生した、無差別毒殺事件。全て未解決。当時防犯カメラもなく、物証もほとんど残っていなかったため犯人は捕まらないまま迷宮入りした。

関連事件34件(模倣犯を含む)のうち、13人が死亡。
パラコートは除草剤。当時24%濃度の液剤が市販されており、18歳以上で印鑑さえ持っていけば農協などで買うことができた。致死量は15CC。

全国各地の自動販売機の商品受け取り口に、農薬を混入したジュースなどが置かれていた無差別殺人事件。毒物の混入された飲料を置き忘れの商品と勘違いさせ、それを飲んだ被害者が命を落とした。当時は、瓶で販売されている飲料のキャップは構造上、開封と未開封の区別が付きにくかったため、一旦開封し毒物を混入した上で、キャップを戻しても一見目には、そうと分からない事が多かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする