Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

地底湖で大学生が行方不明になった事件



2008年1月5日午後6時10分ごろ、岡山県新見市豊永赤馬の
「日め坂鐘乳穴で四国の社会人と学生の探検グループから「洞窟(どうくつ)に調査に入った
同僚の高知大学3年生の男子学生(21)が池に入ったまま出て来ない」と110番通報があった。

県警などによると、同グループ13人のうち5人が日め坂鐘乳穴に入り午後2時半ごろから
洞窟内(奥行き約1600メートル)の奥にある地底湖(深さ約32メートル)で遊泳していた
県警新見署員ら約30人が 捜索を続けたが、男子学生は見つかっていないという。

同署や新見市消防本部などの調べでは、学生は大学の洞窟(どうくつ)探検サークル
に入っており、学生や社会人など近県から集まった計13人で新見市を訪れていた。
不明の男子学生は、計5人で午前11時半ごろから洞穴に入り、午後2時半ごろ、
着衣のまま遊泳している最中、行方がわからなくなったという。

新見市教育委員会によると、この洞穴は県の天然記念物に指定されており、洞穴に
入るには同市教委への届け出が必要なのに、学生らは届け出ていなかったという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする