Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ボドム湖殺人事件



ボドム湖殺人事件は、1960年にフィンランドで起こった殺人事件である。
事件は首都ヘルシンキから西に約22キロメートル離れたエスポー近くにあるボドム湖[1]で起こった。1960年6月5日早朝(午前4時から午前6時にかけて)、湖畔にキャンプしにきていた4人の若者達が何者かにナイフと鈍器で襲われ、3名が死亡、1名が重傷を負った。

事件は現在でも未解決のままで、新しい情報や見解が浮上する度にフィンランドのメディアに人気のあるテーマとして取り上げられた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする