Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

山梨19歳女性行方不明事件



東京都江戸川区に住む無職女性(19)の行方が5日夜から分からなくなっていることがわかった。

女性が6日、家族らに「助けて」などと電話をしていたことから、警視庁は事件に巻き込まれた可能性が高いとみて捜査。

女性を車中に監禁したとして、11日に青梅市に住む男を逮捕監禁などの容疑で逮捕し、女性の行方を知るとみて追及している。

男はこれまでの調べに「女性に覚せい剤を打ったら暴れたので、山梨県内の山中に捨ててきた」などと供述しているという。

捜査1課などの調べでは、女性は5日夜、知人女性に「JR亀戸駅で男の人に会う。

会うのは初めて」と告げて行方が分からなくなった。

6日昼ごろに家族や友人に「覚せい剤を打たれた。

殺される。

助けて」などと電話。

以降、携帯電話がつながらない状態となった。

同日には山梨県警にも同様の内容の110番通報が2回あったという。

女性が男の車のナンバーを告げたことから、同課などは男の行方を捜査。

11日夜に男を発見、事情を聴いたところ、女性を車中に監禁したことを認めたため逮捕した。

男は逮捕時に下着の中に覚せい剤を隠し持っていたため、覚せい剤取締法違反容疑でも逮捕した。

同庁などが男の車を調べたところ、助手席から尿の成分を検出。

また車内からはタオルも見つかり、血液反応が出たという。

スキャンダラスな事件に報道も過熱、石田さんの家族は取材自粛を求めたが、その後、塩野容疑者が薬物の隠語で何人もの女性を誘い出し「行方不明になっても責任は問いません」と誓約書を書かせていたことが判明。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする