Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

福島県原町21歳女性行方不明事件



1994年2月19日午後1時10分頃、歯科医院勤務の増山ひとみさん(21歳) が福島県原町市日の出町の勤務先から帰宅途中に行方がわからなくなった。

増山ひとみさんは3週間後に結婚を控えていて、この日が最後の出勤。

同僚から花束などをもらって退社していた。

増山ひとみさんが普段から愛用していた (黒のスズキ・アルトワークス) が翌20日、勤務先から北に500mほど行った原町市高見町1丁目の空き地 に放置されているのが見つかったが増山ひとみさんの姿はない。

車内には財布やバック、退職祝いでもらった花束など所持品がすべてそのまま残されていた。

福島県原町21歳女性行方不明事件【不吉な前兆】

不吉な前兆があった。

増山ひとみさんは婚約してから自宅に不審な無言電話が相次いでいた。

また車に中傷する落書きを書かれたことがあった。

また行方不明当日、職場に女性の声で、不審な電話があった。

声の高さは低めで 年齢はわからなかったが、しゃべり方も親しそうではなかった。

「いわくありげな感じ」(同僚)という。

電話中、増山ひとみさんは時間を気にしていた。

電話の相手と待ち合わせをしているようだった。

増山ひとみさんが行方不明になる前の1月25日、増山ひとみさんの使っていた手帳に「お昼休みにO (具体的な名前) というOLがTEL。彼 (婚約者) にはほかに切れていない女がいたらしい。でもわりと冷静。もしかの勘があたってた。彼は嫌がらせだという。そんな女は知らないと否定、信じよう」と書かれていた。

また結婚する予定であった男性も事件の可能性があるにも関わらず、言葉に違和感を感じる。

「彼女を探す理由はない」
「彼女は自分の意思で失踪したのだと思う」

福島県原町21歳女性行方不明事件【違和感と不審な電話】

事件から1年が経とうとしていた1995年1月4日に、自宅に不審な電話がかかってきている。

やりとりは以下の通り。

増山ひとみさんの妹「はい、増山です」
?「もしもし、お姉ちやんだよ。」
増山ひとみさんの妹「はい?」
?「お姉ちゃん」
増山ひとみさんの妹「誰ですか?」
?「お姉ちゃんだよ。」
増山ひとみさんの妹「どちら様ですか?」
?「ひとみです。」
増山ひとみさんの妹「は?」
?「・・・・。」(電話を切る)

電話は調査で、女性宅の同一局内の公衆電話からかけられたものがわかった。

言葉も地元の福島訛りで、声の質からすると50歳以上の女性と思われる。

一体、誰?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする