Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

八王子スーパー射殺事件



1995年7月30日午後9時15分から17分頃、八王子市大和田町のスーパー「ナンペイ大和田店」の2階事務所に拳銃を持った何者かに女性従業員3人が射殺された。被害者はパートの女性A(当時47歳)、アルバイトの女子高生B(当時17歳)と女子高生C(当時16歳)の3人(年齢は、いずれも事件当時)で、犯行時間は数分間。犯人は何も奪わずに逃走している。

金庫を開けようとした形跡はなく、その他の貴金属類にも手をつけておらず、金銭目当てではない可能性もある。女子高生2人は粘着テープで口を塞がれた上で互いの右手と左手を縛られており、至近距離から後頭部に1発ずつ発砲され、即死の状態であった。また、パートの女性は体を縛られていなかったが、銃把で殴りつけられたのちに金庫の前に突き飛ばされたものとみられており、女子高生の殺害後に左右の額に銃口を押し付けられて殺害された

17時00分
2人が勤務につく(Aは3号レジ、Bは2号レジ)。
男性従業員が退社(以後、従業員は女性のみ)。
17時30分
買い物客が、「店の前をうろつく、不審な50代の男」を目撃する。白いシャツにグレーのズボン姿だった。
18時30分
北の原公園で、地元自治会の盆踊り大会が始まる。店の周辺は、太鼓と曲で騒がしくなった。
スーパーから公園までは、約100m。盆踊り大会は、毎年行われている。
18時50分
非番の女子高生C(16歳)が、家から自転車で店に向かう。Bに会うためと、勤務予定を確認するため。
19時59分
Cが、「Bの横で、仕事が終わるのを待っている」様子を、買い物客が見ている。「終わったら祭りに行く」と話しているのも聞いている。
20時00分
店にいるのは、Cを含め女性3人のみ。
Aは閉店(21時)より1時間早くレジを閉め、3号レジの売上金を2階の事務所に持って行く。
20時30分
レジ周辺は、女子高生B、Cの2人のみになる。
店内に、「何も買わずにうろつき、あたりの様子を伺う40代から50代の男性」がいたことが、目撃されている。
20時51分
閉店間際、Cが牛乳や卵を購入(レシートから判明)。
21時00分
公園では炭坑節が始まり、盆踊りが佳境に入る。
閉店時間。Bは2号レジの売上金を持ち、2階の事務所へ行く。
売り上げ係だったAが、売上金を受け取る。金庫に入れダイヤルを回し、施錠する。
21時03分
盆踊りの最後を飾る太鼓の演奏が、周囲に大きく響き渡る。
21時06分
Aが店内の戸締り、消灯を行う。
スーパーの横の路地に男の人影があったのを、運転中の住民が目撃。男は車のライトに顔を伏せた。
21時07分
盆踊りが終了。周囲は静かになる。
21時15分
事務所から、Aが知人男性に電話。迎えを頼む(通話記録より判明)。
21時17分
近くの路上で、高校生カップルが、スーパーからの5発の銃声を聞く。

Aが電話してから、路上の高校生が発砲音を聞くまで、約2分30秒。

21時20分
Aの知人男性がスーパーに到着。駐車場に車を停め、Aが出てくるのを待つ。
21時45分
Aが出てこないので、「先に行ってしまった」と思い、確認のため小料理屋に向かう。
21時45分以降
小料理屋にAがいなかったので、不審に思う。小料理屋の女将を乗せ、2人でスーパーに向かう。
22時00分
女将が事務所に入る(中で女性が着替えているかもしれないので)。

事務所の鍵は開いていた。

女将が、事務所入口付近で声をかけても返事もなかった。誰もいないようなので車に戻る。

女将は身長が150cmと小柄なため、室内の奥まで見えていなかった。

知人男性と女将が、2人でもう一度事務所に入る。撃たれていた3人を発見する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする