Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『柴又女子大生放火殺人』



1996年9月9日午後4時半ごろ、東京都葛飾区柴又3丁目の民家より火災が発生。約2時間後に消し止められ、焼け跡から上智大学4年生の女性(当時21歳)の遺体が発見された。遺体は口と両手を粘着テープで、両足をパンティーストッキングで縛られており、首を鋭利な刃物で刺されていたことから警察は殺人事件と断定。現場の状況や交友関係などから、顔見知りの犯行と思われた。現在も犯人逮捕には至っていない。

事件発生日は、朝から雨が降ったりやんだりしており、昼過ぎから強く降り出し始め、15:00時過ぎにはさらに激しくなっていた。父親は福島に出張中、姉も仕事でおらず、家には母親と被害者の二人きりだった。15:50少し前に被害者がトイレに行くために自室から一階に降りてきた。仕事に出かける準備をしている母親に「こんなに雨が降っていても自転車ででかけるの?」と話した。これが最後の会話になった。

15:50 – 母親が仕事のために家を出る、この時玄関に鍵はかけなかった。
16:15頃 – 近所の通行人によると火は出ていなかった。
16:35 – 出火。
16:39 – 隣家から119番通報。
18:00頃 – 内部が全焼、ようやく火が消し止められる。

消防隊員が2階で被害者を発見、直ちに病院に搬送され死亡が確認された。

事件から10年経った2006年9月に、両足の縛り方が「からげ結び」という特殊な方法だったこと、現場に残されたマッチ箱の残留物から家族以外のDNAが発見されたことが公開された。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする