Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

荒川連続自転車通り魔殺傷事件



荒川連続自転車通り魔殺傷事件は1959年に起きた連続通り魔事件です。被害者の証言によると犯人は15~16歳ほどの少年で、自転車で追い抜き際に突然刃物で胸を切りつけたといいます。

被害者は当時8歳の少女を含む20人の女性で、そのうち16歳の少女が襲われた後に死亡しています。さらに犯人は被害者宅に「あまり騒ぐな」という内容の脅迫状を送り付けており、周辺住民は恐怖に怯えることになりました。

犯人とされる人物数人が捜査上に数人挙がりましたが、特定には至らずそのまま時効を迎えることになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする