Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

下山事件



下山事件

下山事件は1949年7月5日に当時の国鉄総裁だった下山定則が失踪、翌日に死体となって見つかった事件です。「国鉄三大ミステリー事件」のひとつに数えられ、1964年7月6日に未解決のまま幕を閉じています。

下山総裁の死体は貨物列車に引かれ切断されていましたが、検死の結果死後に列車に引かれたことがわかっています。あまりに損傷が激しかったため正確な死因は特定できませんでした。

発見現場から血痕がほとんど確認できなかったことから失血死ではないかという意見も出ましたが、当日雨が降っていたため血液が流されたとも考えられ、自殺の可能性も捨てきれないとされました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする