Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

三億円事件



三億円事件

1968年12月10日、東京都府中市で東京芝浦電気(現:東芝)従業員用のボーナス約3億円が、現金輸送車で輸送中に強奪されるという事件が発生しました。当時の3億円は現在の10億円に相当し、貨幣価値でみると日本最高額の強奪事件になります。

犯人は誰も傷付けることなく現金を持ち去っており、強奪されたボーナスも保険で補填され、保険会社も海外の保険に入っていたため国内での金銭的被害を受けた人はいませんでした。そのため「憎しみのない強盗」とも呼ばれています。しかし、後に関係者の自殺が起こっています。

1968年12月6日、日本信託銀行(後の三菱UFJ信託銀行)国分寺支店の支店長宛てに脅迫状が届きます。その内容は、指定する場所に現金300万円を持ってこなければ支店長宅を爆破するというものでした。

銀行は警察に協力を仰ぎ指定場所には50人もの警官が待機しましたが、結局犯人が現れることはありませんでした。

脅迫状から4日後の朝9時半頃、日本信託銀行国分寺支店から東京芝浦電気の工場へ、工場従業員のボーナス3億円を運ぶ輸送車が府中刑務所の近くを通りがかったときです。ひとりの白バイ隊員が現金輸送車の前に停止しました。

白バイ隊員の恰好をした男は運転手に「日本信託銀行の須鴨支店長宅が爆破されました。この車にもダイナマイトが仕掛けられているという連絡がありましたので調べさせてください。」と言ったそうです。

その男が車体の下を調べ始めると車体の下から煙が上がります。その男は運転手を避難させた後、3億円の積まれた輸送車に乗り込み走り去りました。

道路に残された発煙筒を発見した運転手はこれが現金強奪だと気付いたのです。

三億円事件 犯人

この事件以降、日本では給与の受け渡しは手渡しを避け、銀行振り込みがメインに使われるようになりました。この事件は犯人のモンタージュも作成され、9億円以上に捜査費が投じられましたが1975年12月10日に時効が成立し未解決事件となりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする