Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

悪魔の詩訳者殺人事件



悪魔の詩訳者殺人事件とは、1991年7月11日に起こった殺人事件で、被害者が小説『悪魔の詩』を日本語に翻訳していることからこのように呼ばれるようになりました。7月12日、筑波大学の教授が大学のエレベーターホールで死んでいるのが発見されました。

教授は鋭利な刃物によって刺殺されており、現場には犯人のものとみられる血痕と靴も残されていました。

1989年2月、当時のイラン最高指導者のルーホッラー・ホメイニーは反イスラム的であることを理由に「悪魔の詩」の関係者に対する死刑宣告を行っていました。

そのため、この事件はイラン革命政府との関係が疑われました。捜査の結果、犯人は外国人の可能性が高くすでに海外逃亡しているだろうとされました。

この事件も2006年7月11日に時効が成立し、未解決事件となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする