Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

島根女子大生死体遺棄事件 待伏せ 連れ去り バラバラ・・・



島根女子大生バラバラ殺人事件

2009年11月、広島県北広島町の臥龍山山頂付近で島根県立大1年、平岡都さん(当時19)のバラバラ遺体が見つかった事件。

2009年11月6日、広島県と島根県の県境に近い広島県北広島町の臥龍山(がりゅうざん)山頂付近で、女性の頭部が発見された。

DNA鑑定の結果、島根県浜田市で10月26日から行方不明になっていた19歳の女子大生と確認された。死亡時期は約1週間前から2週間前。広島県警・島根県警は合同捜査本部を設置して残りの遺体発見、被疑者特定などの捜査を開始。

11月7日に左大腿骨の一部、11月8日に両手足の無い胴体部分、11月9日に左足首、11月19日に爪が発見された。

犯行及び遺体の状況【閲覧注意】

死亡推定時期は2009年10月26日 – 31日。
遺体状況から連れ去りに近い時間に死亡。
頭部に殴打された跡。
首を絞められた可能性が高い。
遺体損壊に鋭利な小型の刃物が使用。

遺体は性別が判断できないほど損傷が激しく、顔に複数の殴打痕があり、首を絞められ、かきむしった痕もあった。両胸は鋭利な刃物でえぐり取られ、腹部からは内臓の大部分が取り出されていた。左大腿骨の骨の一部が切断され、肉がそぎ落とされていた。胴体には死後、切り付けられた傷があり、一部が焼けていました。

遺留品など

被害者の血がつき、胴体に付着していたビニール片が遺留品となっている。

捜査本部はNTTが電話帳の配達に使用するポリ袋の一部とみている。配達の年・地域によって色や文字・デザインが異なることがある。犯人の遺留品とみて、包装資材業者など流通ルートを調べた。

その結果、インクの成分から1995年初めに広島県の5市(三次市、安芸高田市、東広島市、呉市、三原市)に配達されていたものであることが判明したと報道された。

被害者について

被害者の女子大生は出身地の香川県の商業高校を卒業後、浜田市にある島根県立大学に進学。学業やサークル活動、アルバイトなどまじめで特定の異性交遊はなかった。また目立ったトラブルはなかった。

捜査続くも手がかりなし・・しかし7年ぶりに急転!

警察による必死の捜査が続けられたが、目ぼしい手がかりが見つけられないまま迎えた2016年12月、事件は急展開を見せる。

島根・広島両県警合同捜査本部は20日、遺体発見の2日後に事故死した島根県益田市の矢野富栄容疑者(同33)を殺人などの疑いで書類送検した。

今年に入り、捜査本部が過去の性犯罪事件を調べたところ、矢野容疑者の名前が浮上。矢野容疑者のデジカメに平岡さんと矢野容疑者の自宅部屋の壁、風呂場で写した画像が残っていた。平岡さんを殺害後、遺体を風呂場でバラバラにして車で運び、山中に遺棄したとみられる。

近隣住民らによると、下関市にある実家は祖父の代から米屋を営み、両親と弟の4人暮らしだった。地元中学を卒業後、北九州市の進学高から1浪して国立大に進学したが、中退。

矢野容疑者は04年、北九州市や都内で面識のない女性を刃物で脅してわいせつな行為をしようとした罪などで、懲役3年6カ月の実刑判決を受けている。

事件の2年ほど前に父親が病死し、米屋を閉店。33歳で会社員として第一歩を踏み出したばかりの犯行だった。そして遺体発見から2日後の11月8日、矢野容疑者は近所の人に「父親の墓参りに行く」と言い残し、母親と2人で車で出掛けた。その帰り道に事故死した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする