Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ジョンベネ殺害事件



ジョンベネ殺害事件とは

アメリカのコロラド州、ボルダーで当時6歳のジョンベネ・パトリシア・ラムジー(JonBenét Patricia Ramsey)が誘拐され、1996年12月26日に自宅地下から遺体が発見された事件。
容疑者は逮捕されておらず、2016年現在も未解決となっている。

母親のパトリシア(パッツィー)は元ミス・ウエストバージニア。自身では叶えられなかったミス・アメリカになる夢を娘に託し、美少女コンテストにも積極的に参加させていた。
ジョンベネちゃんはいくつもの美少女コンテストで賞を獲得するなど折り紙つきの美少女であった。

事件の概要

1996年12月25日の夜、ジョンベネ一家はパーティーが終わると自宅へ戻り、ジョンベネはすでに車の中で眠ってしまっていたため、父親が抱きかかえてベッドに連れて行った。

翌26日の朝、警察署にジョンベネの母親から「私の娘のジョンベネが誘拐された」との電話があった。

自宅の階段に犯人からの物と思われる脅迫状が見つかる。

手書きで合計3枚で、自宅のキッチンにあった黄色いメモ用紙に書かれていた。

脅迫状で指定された10時を過ぎても犯人からは連絡はなかった。再度家中を探しなおした結果、地下室でジョンベネの遺体が発見される。

ジョンベネの遺体は、口はガムテープで塞がれ、首に紐で縛った痕、頭部に打撲傷(懐中電灯で2回強く叩いたもの)があり、手のひらにはハートマークが書かれていた。

検死解剖の結果、性的暴行を受けていたことが判明。

事件は迷宮入り

最初に疑われたのは、遺体の第一発見者だった父親と母親だった。当時、積雪していたのに外部侵入者のものとみられる足跡がなかったことや、年収10億ドルとされた富豪の父親に対して身代金の金額が少ないこと、身代金の金額が父親のボーナスと同額だったことなどから、さまざまな憶測を呼んだ。疑惑の目が向けられる中、母親は2006年6月に癌で死去。検察当局が、DNA鑑定の結果、両親の無罪が証明されたと結論づけたのはそれから2年後の08年7月だった。