Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブラック・ダリア事件



ブラック・ダリア事件とは、1947年1月15日にアメリカで発生した殺人事件。1947年1月15日、黒い服を好んだことから「ブラック・ダリア」の通称(アラン・ラッド主演の映画『The Blue Dahlia』のもじりである)で知られていた女優志願の女性、エリザベス・ショートの死体がロサンゼルスで発見された。

死体は激しく損壊しており、胴の部分で2つに切断されていたが、洗い清められており、犯人につながる証拠は発見されなかった。また、事件発覚後に新聞社にブラック・ダリアの所持品が送りつけられてきたが、指紋は検出されなかった。
事件は非常に注目を集め、約1ヶ月にわたって『ロサンゼルス・エグザミナー』のトップ記事を飾り、500人に及ぶ自称犯人やその関係者が出頭するほどだったが決め手に欠けたために迷宮入りし、現在も未解決である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする