Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヒンターカイフェック事件



ヒンターカイフェック事件とは、ドイツ史上最も謎の多い犯罪として知られる殺人事件である。1922年3月31日の夕方、ヒンターカイフェックの住人6名がつるはしによって殺害された。事件は現在も解決されていない。ヒンターカイフェックは、現在のヴァイトホーフェン(バイエルン州の都市インゴルシュタットとアウクスブルクの間、ミュンヘンの約70キロメートル北)の近郊にあった小さな農場である。

6名の犠牲者は、農場の主人の男性(63歳)とその妻(72歳)、夫妻の娘(35歳、未亡人)とその子供2名(7歳の女の子と2歳の男の子)、そして農場の使用人の女性である。2歳の男の子の父親は、農場の主人であると噂されており、彼らの近親相姦行為は多くの人々に知られていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする