Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

裏S区 北九州のある地区にまつわる話・・・



北九州のある地区にまつわる話

この話は「S区」っていう地区の山を越えた場所にある「裏S区」って呼ばれてる地区の話。

現在では裏とは言わずに「新S区」って呼ばれてるが、じいちゃん、ばあちゃんは今でも裏S区と呼んでる。

まぁ、「裏」と言うのは良くない意味を含んでいてこの場合の「裏」は部落の位置する場所を暗に表してる。

高校時代は部落差別の講義も頻繁にあるような地域。

そこでの話。

今から何年か前に男の子(仮にA)が行方不明になった。(結局自殺してたのが見つかったけど)

俺はS区出身者。彼は裏S区出身者だけど同じS区なので一緒の高校に通ってた。

まぁ、彼は友人だった。 あくまで「だった」だ。

1年の頃は仲良かった。彼が一人の生徒をイジメるまでは。

イジメられたのは俺。

周りは誰も止めてくれない。

それどころか見てもない。

みんな傍観者ですらなかった。

必死にやめてと懇願しても殴る、蹴る。

俺は急に始まったから最初はただの喧嘩だと思い殴りあったが、彼の体格と俺のでは全く強さが違う。

でも、次の日も急に殴ってきた。意味も無く。理由を聞くも答えない。

しかもAはうっすらと笑ってたからとにかくもう怖かった。